リサイクル

不要になった布団4つの処分方法|正しい捨て方とかかる費用や注意点

不要になった布団4つの処分方法|正しい捨て方とかかる費用や注意点

引越しや心機一転新生活を始めるときに、布団を一新する方もいらっしゃると思います。

そこで困るのが、今まで使っていた布団の処分。

大きくボリュームがあるので、どう処分すればいいかわからないという方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、今回は布団の処分方法について調べましたので、布団の処分にお困りの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

不要になった布団どうする?4つの処分方法

  • 粗大ゴミとして処分する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 家具メーカーで引き取ってもら
  • リサイクルショップで売る

処分方法1 粗大ゴミとして処分する

粗大ごみの捨て方|捨てる手順とお得に処分する方法や費用と注意点

布団を粗大ごみ・大型ごみとして処分する時の手順

用意するもの

  • メモ紙(収集日時や手数料を控えるためにあると便利です)
  • ガムテープやスズランテープ
  • 処理手数料シール(金額が確定してから購入します)

手順1

粗大ごみの収集センターに、収集依頼の連絡をします。

その時に、住所や氏名・収集するものを聞かれますので正しく伝えましょう。

手数料は、各自治体によって異なります。

金額をメモ紙に控えておくと、万が一金額を忘れてしまっても安心。

収集日時や場所も、このタイミングで決めます。

ここまで完了したら、後はやり取りすることもなく処分できます。

手順2

次に、指定の金額の手数料シールを購入します。

コンビニ・ドラックストア・スーパー・ホームセンターなどで購入が可能。

購入するときは金額を間違えないように、金額を控えたメモ用紙などあると便利です。

※販売場所は、各自治体で違うことがありますので事前に確認してくださいね!

手順3

布団は丸めるか折り畳むかしてから、ススランテープやガムテープでぐるりと巻き付けて固定します。

布団の見えやすい場所に、手数料シールを貼り付けましょう。

後は、収集日に指定の場所に出して終了です。

特に立ち会う必要もないので、気軽に処分することが出来ます。

処分方法2 不用品回収業者に依頼する

カセットボンベは危険ごみ!家庭で捨てる時の出し方と注意点・処分方法

回収費用相場

布団一枚あたり4,000円~6,000円

引越しや新生活を始める時に、布団を買い替える方も多いと思います。

同時に、大量の不用品が発生するタイミングであることも。

そんな時は、まとめて不用品を処分出来る、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

こんな不用品回収業者には気を付けましょう!

不用品回収業者の中には、無許可で回収を行っているところもあります。

そう言った一部の業者は、不法投棄をして利益を得ていたり、保管管理がずさんで火災が発生するケースも。

費用をかけて処分した不用品が、不当に投棄されないためにも、許可を得ている正規の業者に依頼をしましょう。

見分けるポイントはこの3つ

  • 大音量で街中を巡回している
  • 事業所の所在地がはっきりしない
  • 無料回収を謳っている

おすすめの比較サイト

くらしのマーケットはこちらからチェック!

エコノバeco-nobaはこちらからチェック!

不用品回収の窓口はこちらからチェック!

処分方法3 Green Down Projectを利用する

ベッドはどう処分する?5つの処分方法と捨て方やメリットデメリット

Green Down Projectは、捨てられるはずだったダウン製品を無料で回収し、リサイクルする取り組みを行っています。

回収してもらえる布団は、ダウン率50%以上の羽毛ふとん。

回収後、生地を割いて中に入っている羽毛を取り出し再生処理されるので、生地が破れていたり変色していても回収してもらえます。

ただし、汚れの酷いもの・濡れているもの・綿布団は回収不可。

回収方法は、回収協力店によって異なりますが、主に店舗備え付けの回収BOXでの回収となっています。

中には、カウンター持ち込みの店舗もありますので、事前に確認しておくのがおすすめです。

Green Down Projectの回収拠点はこちらからチェック!

処分方法4 買取専門店で売る

粗大ごみの捨て方|捨てる手順とお得に処分する方法や費用と注意点

買取相場

未使用品のみ ~30,000円

人気メーカーのもの・未使用品であれば、買い取ってもらえる可能性があります。

ですが、使用済みの布団は、買い取ってもらえないことがほとんど。

買取専門店で売るためには、未使用品であることがポイントになります。

来客用の布団を購入していたけれど使わなかったり、何かの事情で未使用品のまま保管されていたりと、今後も使う予定のない布団は売れる可能性があります。

布団を店舗に持ち込む際は、人手や車などの確保が必要。

その点、訪問見積もりや訪問買い取りなどを利用すると、自宅まで来てくれるので労力をかけずに取引が出来ますよ。

もし使用済みの布団であれば、粗大ごみとして処分するか、不用品回収業者に依頼するのもおすすめです。

布団を処分するの以外と簡単!

布団は、処分するのが大変そうなイメージがありますが、以外と簡単に処分できるもの。

今まで処分にかかる手間や面倒なイメージが先行して、新しい布団の購入を決断できなかった方も、これを機に新しくしてみるのもいいかもしれませんね!

4つの処分方法の中から、お得に処分できる方法、納得して処分できる方法など、自分にしっくりくる方法を見つけて気持ちよく処分していただければと思います。

Pick Up

宅配クリーニングおすすめランキング!人気の店舗と特徴まとめ 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-リサイクル

© 2022 CLEANISTA Powered by AFFINGER5