リサイクル

ベビー用品をお得に処分したい!5つの処分方法と処分費用や買取相場

ベビー用品をお得に処分したい!5つの処分方法と処分費用や買取相場

子供が産まれる時に、必要に感じて買い揃えたベビー用品。

思っていたよりも使う機会がなくて、放置されているものはありませんか?

またベビー用品は、数ヶ月から1年程で使用しなくなってしまうものも多いですよね。

そのために、不用になったベビー用品で、押入れなどの収納スペースが占領されているご家庭もあるのではないかと思います。

そこで、ベビー用品の処分にお困りの方に、ベビー用品のお得な処分方法や処分費用・買取相場などご紹介させて頂きます!

この記事で扱うベビー用品

ベビーベッド

ベビーカー

ベビーチェア

ベビー用品の処分方法は5つある!

ベビー家具やベビー用品の処分方法|お得な捨て方や買取相場と処分費用

  1. 不用品回収業者でまとめて回収してもらう
  2. リサイクルショップでお得に処分する
  3. フリマアプリでお得に処分する
  4. 粗大ごみ・大型ごみとして処分する
  5. 友人や親戚に譲る

1. 不用品回収業者でまとめて回収してもらう

カセットボンベは危険ごみ!家庭で捨てる時の出し方と注意点・処分方法

ベビー用品をまとめて処分したい方は、不用品回収を利用するのもおすすめの処分方法。

買い取ってもらえなかったベビー用品なども、不用品回収業者は収集してくれますので、手軽に処分することが出来ます。

また、回収場所が確保出来なかったり、自宅の外に運び出すことが出来ない時にも不用品回収業者はおすすめ。

自宅まで回収に来てくれるので、運び出す手間や余分な費用をかけずに済みます。

他の処分方法に比べると、割高な印象がある不用品回収ですが、メリットは沢山あるのでぜひ検討してみてくださいね!

処分費用の相場

相場は、単品回収の場合6,000円~8,000円となっています。

処分品が増えるとその分費用は上がり、業者によって違いはありますが、12,000円前後~となります。

おすすめの比較サイト

くらしのマーケットはこちらからチェック!

エコノバeco-nobaはこちらからチェック!

不用品回収の窓口はこちらからチェック!

無許可の不用品回収業者に要注意!

無許可で回収を行っている不用品回収業者には気を付けなければいけません。

悪質な業者になると、回収した不用品は不法投棄し、処分費用だけ懐に入れているなんてことも。

さらに、不適切な管理で収集品が発火し火事になる事例も報告されているんです。

また、始めは無料と言っておきながら、作業終了時に高額請求をしてくるといった被害も発生しています。

トラブルに巻き込まれないためにも、許可を得ている不用品回収業者に依頼しましょう。

  • 街中を大音量のスピーカーで宣伝しながら巡回している
  • 空き地などで回収している
  • 検索しても事業所の所在地がわからない

このような不用品回収業者は、無許可であることが多いので、見分けるポイントにして下さいね!

2. リサイクルショップでお得に処分する

ダイニングテーブル5つの処分方法|処分費用やメリット・デメリット

人気メーカーのものや、人気モデルは高値で売れる可能性があります。

ベビー用品は、汚れやすい上に落ちにくいので、そういった汚れがついているものは買い取ってもらえないことも。

また、買い取ってもらえても数百円になることがほとんどです。

リサイクルショップでの買い取りは、状態によって金額に大きな差が出ます。

買取相場

ベビーベッド

  • 5,000円~10,000円

ベビーカー

  • 1,000円~10,000円

海外ブランドのものや新品同様のものであれば、30,000円~50,000円程の値がつくこともあります。

ベビーチェア

  • 2,000円~5,000円

(人気メーカーのコンビは2,000円~3,000円、アップリカは2,000円~5,000円が相場です。)

ベビーベッドを売る時の注意点!

ベビーベッドは、消費生活用製品安全法の規制対象品であり、特別特定品に該当します。

そのため、ベビーベッドは『PSCマーク』がついていないと買い取ってもらうことが出来ません。

消費生活用製品安全法

消費生活用製品によって起こりうる、生命や身体に対する危害の防止を図るため、特定製品の製造や販売を規制している法律のこと。

規制対象品の中でも、第三者機関の検査が義務付けられているものは特別特定製品となります。

3. フリマアプリでお得に処分する

時計の種類によって変わる?正しい4つの処分方法と捨てる時の注意点

価格設定を自分で出来るのが、大きな魅力のフリマアプリ。

需要が高いものは、高値で売れることもあるので、とてもお得に処分することが出来ます。

出品準備や梱包・出荷作業など手間と時間はかかりますが、それが気にならない方にはおすすめの処分方法です。

出品するときの価格は、既に出品されているものを参考にしながら設定すると売れやすいですよ。

出品相場

ベビーベッド

  • 10,000円~15,000円

ベビーカー

  • 5,000円~15,000円

ベビーチェア

  • 5,000円~10,000円

4. 粗大ごみ・大型ごみとして処分する

電子レンジ6つの処分方法|処分費用って高い?正しい捨て方と買取相場

粗大ゴミとして処分するには、収集センターに連絡する必要があります。

自治体の回収になりますので、処分費用はそんなに高くないので、処分しやすい方法です。

立ち会う必要もなく処分することが出来ますが、運び出す必要があります。

収集の手順

  1. 収集センターに回収の依頼をします。その際に、収集日時や場所を決めます。
  2. 指定された金額の処理手数料シールを購入。スーパー・ドラッグストア・コンビニで購入出来ます。
  3. 収集日に処理手数料シールを貼った処分品を出して完了です。

処理手数料

ベビーベッド

  • ベビーベッド:800円
  • ベビーマット:400円

ベビーカー

  • ベビーカー:400円

ベビーチェア

  • ベビーチェア:400円

5. 友人や親戚に譲る

子供のおもちゃ5つの処分方法|捨てるタイミングや処分費用と買取相場

ベビーカーなどは、タイミングが合えば友人や親戚に譲るのもおすすめの処分方法。

出産は何かとお金がかかりますので、ベビー用品を譲ってもらえるのが嬉しいと感じる方は多いです。

特にベビーカーは喜ばれることが多いので、もし処分を検討中で周りに出産の予定がある方がいたら、声を掛けてみるといいかもしれませんね!

また、なかなか手放せないという方にとっても、誰かに譲るのはおすすめの方法です。

知っている誰かにもらってもらうなら手放せる。という方も実際多いですよ。

ベビー用品を処分して収納スペースを広げましょう

ベビー用品は、思い入れがあったりで、なかなか処分しづらいアイテムですよね。

さらに、意外と使わなかったり、使える時期が限られていたりと、すぐに不用になってしまうことも。

ですが、保管したり放置するにはかなりのスペースを占領してしまうので、ここは思い切って処分してしまいましょう。

後悔しない方法で処分できるように、色々検討してみてくださいね!

Pick Up

宅配クリーニングおすすめランキング!人気の店舗と特徴まとめ 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-リサイクル

© 2022 CLEANISTA Powered by AFFINGER5