リサイクル

ダイニングテーブル5つの処分方法|処分費用やメリット・デメリット

大型家具の処分方法|家具の捨て方や費用と運び出せないときの対処法

引越しや家族が増えたタイミングなど、環境が変化した時にダイニングテーブルを買い替える方は多いと思います。

新しい家具を新調するって、とってもワクワクしますし楽しみですよね。

それと同時に襲ってくるのが、処分費用って一体どれくらいするんだろう…。という費用面の不安。

ちょっとでもお得に処分出来ないかな。って思う方がほとんどではないでしょうか。

そこで、ダイニングテーブルの処分方法と、処分にかかる費用やメリット・デメリットを調べてみみました。

それぞれ比較して、一番納得のいく処分方法を見つけて下さいね!

ダイニングテーブル5つの処分方法にはどんなものがあるの?

ダイニングテーブル5つの処分方法|処分費用やメリット・デメリット

不用品回収業者に依頼する

リサイクルショップで売る

購入品の配送時に引き取ってもらう

粗大ごみ・大型ごみとして捨てる

リサイクル収集してもらう

不用品回収業者に依頼する

デスクの処分方法4選|捨てる・売る・不用品回収・リサイクル費用

不用品回収は、自宅の外に運び出すのが困難な方にもおすすめの処分方法です。

壊れているダイニングテーブルや、他の処分品もまとめて引き取ってもらえるのも嬉しいポイント。

色々な手間や労力が省かれること考えると、お得な処分方法であると言えます。

処分費用

単品相場:6,000円~8,000円

1R相場:12,000円~(ダイニングテーブル以外の処分品も引き取ってもらう場合)

メリット

  • 自宅まで回収に来てくれるので、運ぶ労力がかからない
  • 買い取ってもらえると、処分費用が安くなることがある。
  • 壊れているものでも引き取ってもらえる。
  • 他にも処分したいものがある時は、まとめて引き取ってもらえる。

デメリット

  • 他の処分方法の比べて処分費用が高い。
  • 無許可の業者もいるので、気を付けないといけない。

こんな業者は無許可の可能性があります!

  • 街中を大音量のスピーカーで巡回している。
  • 空き地で回収している。
  • 業者の所在地を調べてもわからない。

おすすめの比較サイト

くらしのマーケットはこちらからチェック!

エコノバeco-nobaはこちらからチェック!

不用品回収の窓口はこちらからチェック!

リサイクルショップで売る

せっかくなら、お金に換えて得したいですよね。

そんな時は、リサイクルショップに買い取ってもらうのがおすすめ。

無料見積もりをしてくれる業者も多いので、まずは売れるか売れないかを調べるのも賢い選択です。

ノーブランドのもの、量産型の家具メーカーのものは、引き取り価格が安い傾向に。

高級メーカーや海外ブランドのダイニングテーブルは、需要があるので高値で売れる傾向にあります。

買取価格

一般的なダイニングテーブルの買取相場:~5,000円

高級ブランド・海外ブランドのダイニングテーブル買取相場:~30,000円

メリット

  • 処分費用をかけずにお金に換金することが出来る。
  • 高値で売れる可能性がある。
  • 出張買取を利用すると運ぶ労力がかからない。

デメリット

  • 買取不可のことがある。
  • ダイニングテーブルを持ち込む手間がかかる。
  • 出張買取を利用すると、その分買取価格が安くなることがある。

リサイクルショップ比較サイト

おいくら?はこちらからチェック!

購入品の配送時に引き取ってもらう

カセットボンベは危険ごみ!家庭で捨てる時の出し方と注意点・処分方法

商品の配送時に、ダイニングテーブルの引き取りサービスを行っているお店もあります。

有料にはなりますが、搬入と引き取りが同時に出来るのは、手間も省けるのでおすすめな処分方法です。

回収されたダイニングテーブルは、リサイクルされ有効利用されます。

回収費用

ニトリ

  • 購入商品(組立家具は除く)と『同数量』または『同容量』であれば、引き取り可能。
  • 引き取り料金:4,400円(税込)。
  • 一部地域では、引き取りサービスを行っていないので注意。

ニトリはこちらからチェック!

無印良品

  • 購入商品と『同種』かつ『同数』の不用品の搬出作業と引き取りが可能。(※ダイニングテーブル1点の購入につき、ダイニングテーブル1点引き取り)
  • 引き取り料金:3,000円(税込)×個数。
  • 吊り下げ作業が必要な場合は、別途4,000円(税込)が必要となっています。
  • 不用品のみの引き取りは行っていないので注意。

無印良品はこちらからチェック!

メリット

  • 搬入と引き取りが同時に出来る。
  • 持ち運ぶ労力がかからない。

デメリット

  • 自治体のリサイクル収集に比べて手数料が高い。

粗大ごみ・大型ごみとして捨てる

粗大ごみの捨て方|捨てる手順とお得に処分する方法や費用と注意点

壊れてしまったダイニングテーブルや、買い取ってもらえなかったダイニングテーブルの処分でお困りなら、粗大ごみ・大型ごみとして処分するのがおすすめ。

手数料はかかりますが、自治体の回収なので費用は安めになっています。

処分の流れも簡単、立ち会う必要もないので便利ですよ。

処分の流れ

  1. 収集センターに連絡をして、日時や場所を決めます。
  2. 指定金額の処理手数料シールを、コンビニ・スーパー・ドラックストアなどで購入しましょう。
  3. 収集日に決めた場所に、処理手数料シールを貼ったダイニングテーブルを出して完了です。

処理手数料

  • 最大の辺または径が1m未満のもの:200円
  • 最大の辺または径が1m以上のもの:500円

メリット

  • 処分にかかる費用が安い。
  • 自宅前などの空きスペースに出すだけ。
  • 立ち会う必要がないので便利。

デメリット

  • 処分に手数料がかかる。
  • 自宅の外に運び出す必要がある。

粗大ごみの捨て方|捨てる手順とお得に処分する方法や費用と注意点

※分別方法や処理手数料は市区町村で異なりますので、お住まいの地域の自治体ホームページまたは、配布されている冊子をご確認ください。

リサイクル収集を活用

冷蔵庫の処分には費用がかかるの?冷蔵庫の処分方法や買取り相場を解説

粗大ごみ・大型ごみのうち、まだ使える木製家具・自転車・子供用遊具は、リサイクル収集の対象品となっています。

粗大ごみ・大型ごみ収集センターに連絡をした際に、『リサイクルで』と伝えるだけで大丈夫です。

リユース品として回収されますので、環境にも優しい処分方法です。

処理手数料

処理手数料は、粗大ごみ・大型ごみと同額となります。

  • 最大の辺または径が1m未満のもの:200円
  • 最大の辺または径が1m以上のもの:500円

メリット

  • 処分にかかる手数料が安い。
  • 自宅前などの空きスペースに出すだけでいい。
  • 立ち会う必要がない手軽さがある。

デメリット

  • 処分するのに手数料がかかる。
  • 自宅の外に運び出す必要がある。

ダイニングテーブルは納得のいく処分方法で

色々な処分方法をご紹介させて頂きましたが、しっくりくる方法はあったでしょうか。

それぞれ、メリット・デメリットがありますが、感じ方は十人十色。

自分にとって、一番納得がいく方法で処分することが大事なので、色々と比較検討してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ!

大型家具の処分方法|家具の捨て方や費用と運び出せないときの対処法

Pick Up

宅配クリーニングおすすめランキング!人気の店舗と特徴まとめ 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-リサイクル

© 2022 CLEANISTA Powered by AFFINGER5