リサイクル

スマホの処分方法|安全な捨て方や注意点・リサイクルまでの流れ

スマホの処分方法|安全な捨て方や注意点・リサイクルまでの流れ

一人一台のスマホ所有が当たり前の現代。

便利なアイテムであると同時に、個人情報が漏洩する危険もはらんでいます。

大事な情報が詰まっているだけに、どう処分していいかわからないまま放置されているスマホはありませんか?

そんなスマホを安全に処分する方法や注意点、処理までの手順などご紹介したいと思ます。

  • キャリアショップで引き取ってもらう
  • 自治体の回収ボックスを利用する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 買取業者に買い取ってもらう
  • 処分専門店に処分してもらう

スマホの処分方法・安全な捨て方

キャリアショップで引き取ってもらう

スマホの処分方法|安全な捨て方や注意点・リサイクルまでの流れ

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなどの各キャリアショップでは、メーカーやキャリアを問わず無料で回収してくれます。

付属品であるACアダプター・電池パックなども引き取てくれるのでとても便利。

SIMカードは個人情報が記録されているので、ハサミなどで切って処分されます。

また、ドコモやソフトバンクでは、粉砕機を使って目の前で破壊。(auでは行っていないようです。)

これによって個人情報漏洩の心配がなくなりますので、より安心して処分することが出来ます。

故障していて自分ではデーター消去が出来ない、といった方にも安心安全な処分方法ですね!

故障していない時でも、念には念を入れて事前にデーターの消去はしておいて下さいね。

各キャリアは、MRN(モバイル・リサイクル・ネットワーク)に参加、ガイドラインに従って回収や再資源化されているので、安心して引き取ってもらうことが出来ますよ。

回収されたスマホからは、金やレアメタルなどの資源が取り出されリサイクルされています。

最近はこのような状況なので、来店予約制になっているショップが多いため、事前に確認しておきましょう。

自治体の回収ボックスを利用する

各自治体では、小型家電リサイクル法に基づいてスマホ回収を行っています。

都合のいいタイミングで持ち込むことが出来るので、予定が立てにくい方にもおすすめの処分方法です。

回収拠点は【小型家電リサイクル回収ポータルサイト】で検索が可能。

簡単にお住まいの地域を検索することが出来ますよ。

回収された小型家電は、認定事業者などに引き渡されリサイクルされます。

国が認定した認定事業者は、個人情報が含まれる小型家電をしっかり管理しているので安心ですが、回収ボックスに入れる際にはデータの消去をしておくとより安心です。

小型家電リサイクル法とは?

平成25年4月1日に施行された、使用済小型電子機器の再資源化を促進するための法律。

これによって、スマホに含まれる貴重資源のレアメタルなどが有効利用されることとなりました。

小型家電リサイクル回収ポータルサイトの検索はこちらから

不用品回収業者に依頼する

カセットボンベは危険ごみ!家庭で捨てる時の出し方と注意点・処分方法

確実にデータ消去が出来ているなら、不用品回収業者に依頼するのも一つの処分方法として有効です。

引っ越しなどで処分品が多い時などは、まとめて引き取ってもらうと処分料も高上りにならずに済みます。

ただし、不用品回収の許可をきちんと取得している業者でなければ、個人情報を悪用されてしまう危険性もありますので慎重に。

事前にデータ消去しておくことはもちろんのこと、業者によってはデータ消去してくれるところもあります。

依頼の前に、回収後の取り扱いについて確認しておくことが大切です。

不用品回収業者を調べるなら、簡単に比較が出来るエコノバeco-nobaがおすすめ。

全国から登録されている不用品回収業者を、最大5社まで一度に検索・比較が出来るんです。

面倒な会員登録なし、無料で利用できるのも便利。

買取業者に買い取ってもらう

靴を捨てるタイミング|履かない靴の処分方法やリサイクルの仕方を解説

買取業者に引き取ってもらうなら、いらなくなったスマホをお得に処分することが出来ます。

比較的新しい機種や人気の機種であれば、高額買取もしてもらえる可能性も。

買取業者に売るとなると、個人情報など心配な面もあると思いますが、きちんとデータ消去してから販売する業者が多いです。

販売店がトラブルに巻き込まれてしまわないように、個人情報などの取扱いに慎重に対応しているという側面もある為です。

ですが、油断は禁物。

買取業者を調べたり、データ消去は必ず自分で行うなど、自己責任のもと最大限の対策をしてから売りましょう。

処分専門店に処分してもらう

スマホの処分方法|安全な捨て方や注意点・リサイクルまでの流れ

どう処分していいかわからないまま放置されているスマホはありませんか?

そんな時は、処分専用業者に依頼するのもおすすめ。

確実に安全にデータ消去をしてくれるので、安心感も得られます。

環境省・経済産業省から認定を受けている認定事業者なら安心して処分が可能。

回収後は、情報機器などのセキュリティ管理を含めた体制で、環境大臣・経済産業大臣の認可を受けてリサイクルを行っています。

小型家電リサイクル認定業者の検索はこちらから

専門業者ならZAURUS(ザウルス)もおすすめ。

端末をシュレッダー(物理処理)する、総務省推奨の完全データ消去方法で安全に廃棄出来ます。

980円でフラッシュメモリーの隠し領域データまで完全消去が可能。

シュレッダー後は破砕物を見せてもらえるので、確実に処理されたことが確認できて安心です。

安全に処分するための注意点

壊れていてもデータは盗まれてしまう可能性もある

スマホの処分方法|安全な捨て方や注意点・リサイクルまでの流れ

初期化をすることで、個人情報が消去されたと思い安心してしまいがち。

ですが、スマホのデーターは初期化をしてもデーター復元が可能。

その為うかつに処分してはいけません。

キャリアショップや買取業者に回収してもらうことで、適切にデーター消去をしてもらいましょう。

個人情報は、正しい処分方法で自分自身がきちんと守らなければなりません。

分割支払い中の端末を捨てるのはNG

バッグの正しい分別と捨て方|4つの処分方法と買取相場や処分費用

機種変更時に使用している端末を回収することで、料金がお得になるプランなどもあります。

そういったプランを利用したい方にとっては、分割払い中に端末を処分するのはデメリットになってしまいます。

また、分割払い中に買取業者に売ってしまうと、支払い状況によっては通信規制がかかってしまうことも。

そうなった場合、買取業者から損害賠償を請求されることもあるようですので、支払い中の端末を手放すのはデメリットしかないと言えるでしょう。

普通ゴミとして処分しない

靴を捨てるタイミング|履かない靴の処分方法やリサイクルの仕方を解説

スマホはリチウムイオンバッテリーが内蔵されているので、不燃ごみとして処分することは出来ません。

また、リチウムイオンバッテリーは、長期間放置すると発火や爆発の可能性もあります。

実際に、火災発生の原因になっているとの事例もありますので、正しく処分しましょう。

スマホの処分は、各自治体の指示に従って行いましょう。

自治体ホームページなどで確認することが出来ます。

処分からリサイクルまでの流れ

冷蔵庫の処分には費用がかかるの?冷蔵庫の処分方法や買取り相場を解説

  • 個人情報の削除
  • データ初期化
  • SIMカード・SDカードを抜き取る
  • キャリアショップ・自治体回収拠点・不用品回収業者で回収
  • リサイクルへ

スマホや携帯電話を安全に処分して個人情報を守りましょう

個人情報の管理やセキュリティ対策は大事ですし、情報漏洩は不安や心配がつきもの。

ですが、スマホの正しい処分方法や対策を知っていることで、過度に不安にならずに処分することが出来ます。

スマホは放置しているほうが危険な場合もありますので、なるべく早く適切に処分してしまいましょう。

Pick Up

宅配クリーニングおすすめランキング!人気の店舗と特徴まとめ 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-リサイクル

© 2022 CLEANISTA Powered by AFFINGER5