ホームクリーニング

服についたカビの臭いを取る3つの方法|カビのニオイの原因と予防法

服についたカビの臭いを取る3つの方法|カビのニオイの原因と予防法

せっかく着ようと思っていた衣類が、カビ臭くて着られなかった。

という経験をされたことのある方は、意外と多いのではないでしょうか。

きれいに保管していたはずなのに、クリーニングに出したはずなのに、と不思議に感じている方もいらっしゃると思います。

カビ臭くなる原因はいくつかあって、きちんと保管をしているつもりが、本当はNG行為になっている場合もあるんです。

そんな悲しい思いをしないためにも、カビ臭くなってしまう原因や衣類がカビ臭くなってしまった時の対処法、さらに予防法などご紹介していきますので参考にしていただければと思います。

服についたカビのニオイの原因って何?

原因1 クローゼットや押し入れにカビが発生している

無駄な使い方していませんか?押入れのスペースをフル活用する収納術

クローゼットや押し入れなど、衣類を保管している場所、湿気の多い場合やホコリが溜まっていたりする場合、高確率でカビが発生します。

それが衣類に移ってしまうことで、衣類がカビ臭くなっている可能性があります。

原因2 衣類にカビが発生している

パチッと不快な静電気!お悩み解消グッズや対策・クリーニングの加工

しけった状態で衣類を閉まったり、長期間に渡って入れっぱなしになっていたり、クリーニング後のビニール袋をつけっぱなしで保管している場合も要注意。

衣類からカビが発生してカビ臭くなっていることも考えられます。

カビは一度発生すると、どんどん増殖してしまうので早めの対処が必要です。

クリーニングを出した後にかぶせてあるビニール袋は、自宅で保管をするためにかけているものではなく、クリーニング店で汚れがつかないようにしているもの。

自宅で保管をする際にビニール袋を付けたままにしておくと、ビニール袋の中で湿気がこもりカビが発生する原因になってしまうんです。

クリーニングから持ち帰ったら、ビニール袋は取ってくださいね!

原因3 洗濯槽にカビが発生している

部屋干しすると嫌な臭いになるのはなぜ?生乾き臭を防ぐ方法やコツ

洗濯機の洗濯槽も見逃せません。

クローゼットや衣類が問題ない場合、洗濯槽のカビが原因になっていることも。

服についたカビの臭いを取る3つの方法

酸素系漂白剤を使う

ティッシュを一緒に洗濯しちゃった時の対処法!きれいに取る裏ワザ

衣類についたカビ臭は、酸素系漂白剤で落とすことが出来ます。

酸素系漂白剤は、カビやカビの栄養源となる皮脂汚れにも有効。

除菌や消臭もしてくれるので、衣類の臭い落としにピッタリなんです。

酸素系漂白剤には液体と粉末の2種類がありますが、液体の酸素系漂白剤を使うのがポイント。

粉末はアルカリ性でウールやシルクには使うことが出来ませんが、液体は弱酸性なのでウールやシルクにも使えます。

また、繊維へのダメージも粉末に比べて抑えることが出来るのも大きな特徴です。

手順

40℃程度のぬるま湯に、液体の酸素系漂白剤を溶かします。

30分~1時間ほどを目安に、つけ置きをしましょう。

つけ置きが終わったら、通常通り洗濯をして完了です。

つけ置きは2時間を超えないようにしてくださいね!

それ以上つけ置くと、繊維へダメージを与えてしまいます。

アルコール除菌スプレーを使う

バッグってクリーニング出来るの?料金や自分でも出来るお手入れ方法

クローゼットや押し入れにカビが発生している場合は、掃除をしてカビを取り除かない限り、衣類がカビ臭くなるのを止められません。

掃除には、アルコール除菌をするのがおすすめです。

また、衣類にカビの臭いがついてしまったときも、アルコール除菌で落とすことが出来ます。

手順 クローゼット・押し入れ

まずは、クローゼットや押し入れ内のカビをしっかり拭き取りましょう。

そうすることで、アルコール除菌が活きてきます。

しっかり拭き取り終わったら、乾いた雑巾のアルコールを吹きかけ、隅々まで拭いていきます。

一通り拭き終わったら、クローゼットや押し入れ内が乾燥するまで換気しましょう。

カビにいきなりアルコールを吹きかけるのはNG!

アルコールを吹きかけた勢いでカビの胞子が飛び散ってしまい、カビの発生箇所を広げてしまうこともあります。

手順 衣類

色落ちや変色する場合があるので、まずは目立たない箇所でテストをします。

色落ちなど大丈夫であることが確認できたら、全体にアルコールを吹きかけましょう。

吹きかけ終わったら、風通しの良い場所で乾くまで干します。

この時、しっかり乾いてからしまわないと、カビが発生する原因を作ってしまうので気を付けましょう。

洗濯槽を掃除をする

洗濯槽の掃除は面倒!簡単に終わらせる方法と汚れが落ちるおすすめアイテム

クローゼットや衣類にカビが発生している様子がない場合、洗濯槽のカビを疑いましょう。

洗濯槽は一見きれいに見えても、裏側にカビが発生している場合があります。

カビが発生している場合は、洗濯後の衣類に黒い皮のようなものが付着してきます。

これは、洗濯槽のカビが剥がれ落ちたものなので、洗濯槽に相当カビが発生している状況です。

洗濯槽の掃除は、洗濯槽クリーナーが便利。

洗濯機に洗濯槽クリーナーを入れて、槽洗浄コースを選択すると洗浄してくれます。

メーカーやモデルによって違いはありますが、洗濯槽の掃除はやや時間がかかるので、時間に余裕があるときがおすすめ。

詳しくはこちらの記事でご紹介しています♪

洗濯機の手入れは必要?掃除の仕方とおすすめの洗濯槽クリーナー5選

服がカビ臭くなる前にしっかり予防!

除湿剤・乾燥剤を使う

服についたカビの臭いを取る3つの方法|カビのニオイの原因と予防法

湿気を取ることは、カビ対策の第一歩。

クローゼットや押し入れ内に除湿剤や乾燥剤を置いておくのがおすすめです。

置き型の除湿剤は3~4ヶ月で交換するものが多いので、ワンシーズンごとに交換しましょう。

乾燥剤のシリカゲルは、湿気を吸収しても天日干しすることで繰り返し使えます。

湿気が多ければ除湿剤、そこまで湿気が多くなければ乾燥剤がおすすめ。

こまめに掃除をする

ティッシュを一緒に洗濯しちゃった時の対処法!きれいに取る裏ワザ

ホコリはカビの栄養源なので、こまめに掃除をすることがカビの臭いから衣類を守ることに繋がります。

また、ホコリはダニの栄養源でもあるので、ホコリを取り除くことはメリットしかありません。

フローリング用のコロコロなどあると、手軽に掃除出来るので便利ですよ。

換気を行う

カーテンはクリーニングに出すべき?洗う頻度や料金・ホームクリーニングの

クローゼットや押し入れを閉めっぱなしにしてしまうと、湿気がこもりカビが発生する原因になります。

毎日ではなくても大丈夫なので、クローゼットや押し入れの換気を行いましょう。

一週間に一度のペースで換気をするのがおすすめ。

時間は10分~30分を目安に、窓を開けて風通しを良く出来ればベストです。

服がカビ臭くなっても自分で取ることは可能です

衣類がカビ臭くなると、ガッカリしたり焦ったりしてしまいますね。

ですが、ちょっとしたお手入れで改善することも。

まずは、カビがどこに発生しているか、衣類のカビ臭さがどこからきているかを把握して、必要な対処をしましょう。

今回ご紹介した方法は、自分で出来る対処法や予防法ばかりなので、参考にしていただければと思います!

おすすめの宅配クリーニング一覧はこちら♪

宅配クリーニングおすすめランキング!人気の店舗と特徴まとめ

Pick Up

宅配クリーニングおすすめランキング!人気の店舗と特徴まとめ 1

宅配クリーニングを利用してみたいけれど、どこの業者に頼んだらいいのかわからない… ということはありませんか? 実際に宅配クリーニングを調べると、業者が多いので迷ってしまいますよね。 人気の宅配クリーニ ...

布団クリーニングはどこが人気?主婦がおすすめする宅配クリーニング 2

普段、布団はどのように洗っていますか? 毛布やシーツ、タオルケットなら洗濯機で洗浄できますが、羽毛布団や敷布団など、大きくて洗濯機ではどうにもならない布団はクリーニングやコインランドリーを利用するのが ...

ぬいぐるみは洗える?セルフケアの仕方とおすすめの宅配クリーニング 3

大切にしているぬいぐるみも、長く愛用していると汚れが目立ってきてしまうことがあります。 また飾っているだけでも、ほこりがつもりうっすらと黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 自宅できれいにできればい ...

スーツの洗濯なら宅配クリーニングが便利!気になるクリーニングの頻度 4

スーツってどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのか悩むアイテムですよね。 とくに夏場は汗などを多く吸い込んでいるため、においや衛生面でも気になるという人が多いでしょう。 とはいえスーツを着用する ...

礼服をクリーニングに出すタイミングと自分で出来るお手入れ方法 5

礼服は着用頻度は少ないものの、マナーを問われる場に着ていくものなので、お手入れに困ることが多いアイテムでもあります。 更に、その都度クリーニングした方が良いのかも悩みどころですよね。 先に結論を言うと ...

-ホームクリーニング

© 2022 CLEANISTA Powered by AFFINGER5